i-mobile
返信する

[1] 学校のせんせい
By TAKA
この話は今から随分昔の話ですが…
僕が中学生の頃にひょんなことから、副担人の先生と関係を持つ事になった話です。
僕が中学3年の春に、新しく副担人の先生がやってきました
その副担人は当たり障りのない挨拶を教室でして、簡単な自己紹介をしました
名前は京子、年齢は多分30過ぎのちょっとおばさんちっくな感じでした
僕はその副担人の挨拶をさらっと聞いてました
[編集] [記事更新]
[2] By TAKA
当時、僕はヤンキーとかではなかったのですが、仲間同士で色々悪さをしてたので、学校の中では割りと目立つほうだったと思います!
何か問題があると教務室に呼ばれたり(笑)
そんな当たり前の日常を送ってたと思います!
ある日いつもと同じように、仲間達と帰ろうとしてたら、京子が話しかけてきました。
京子「あんた達はこれから何をするの?」
って詮索してくる京子に向かって、
仲間「お前に関係ね〜だろバ〜カ」
京子「気をつけて帰るのよ〜」って何故かご機嫌・・・
[編集] [記事更新]
[3] By TAKA
仲間が悪態ついてるのを横目に、相変わらず口が悪いな〜って思いながら、俺は京子にじゃあね〜って感じで手を挙げた。
京子はそれを喜んでたのかしきりにこっちに向かって手を振っていた。
のりが良いのか、分からないが変な奴だと思ってその日は帰った。
次の日、何故か休み時間なのに京子は教室に入り浸るようになった。
俺は親しみやすい先生なのかって思いながらも、あまり気にしないでいた。
[編集] [記事更新]
[4] By TAKA
京子が休み時間に教室にいるようになってから、数日がたった頃、同じクラスの奴から京子に俺の事を色々聞かれたと言っていた。
最初は副担人になったから、生徒の事を把握したいのだろうと思っていた。
しかしまたクラスの奴から俺の事を京子に聞かれたと言われ、どんな事を聞かれたのか聞いてみた。
内容は…俺の好きな女性のタイプや、趣味、性格、誰と仲間なのか、普段の服装、その他にも学校の先生が知らなくてもいいような事ばかりを聞いていた。
[編集] [記事更新]
[5] By TAKA
変な先生だと思いながらも、考えてたら段々イラついてきたので、京子を探しに行った。
京子を学校内を探して…
いた!!
俺は他には目もくれず、京子に体当りした。
俺「何チョロチョロかぎまわってるんだよ」
京子は笑顔でこっちに来て
「話したい事があるから、放課後に家庭科で使う調理室に来て」
と言った。
ちなみに京子は音楽の先生なのだが、何故調理室なんだろうと思いながらも、放課後になるのを待った。
[編集] [記事更新]
[6] By TAKA
そして放課後に調理室に入ると、京子が笑顔で待っていた。
俺「何の用」
京子「ちょっと待って誰か来るとマズイから、鍵を閉めるね」
俺「……」
京子「よしこれで」
俺は変な違和感を感じながらも、また聞いた!
俺「何の用」
京子「実は…初めて教室で挨拶をした時から気になったの」
って京子は照れながら話した
俺は「はぁバカじゃない」
と冷たく言い放った。
京子「だって気になったんだもん」
って何故か目を潤ませてる京子。
[編集] [記事更新]
[7] By TAKA
俺は正直、色々情報を聞き出していた京子に苛立ちもあったので、畳み掛けるように言った。
俺「何が聞きたかったのか知らね〜けど、気持ち悪いんだよ聞きたい事があれば直接聞けや」
京子はそれを聞いて…
「えっ良いの今、彼女いないんでしょ」
って言ってきた。
俺「何でお前にそんなこと教えないといけないんだ俺の前から消えろや」
京子「消えたらTAKAが見れなくなるもんだから嫌だよ」
[編集] [記事更新]
[8] By TAKA
俺「ふざけんなじゃあな」
と言って、調理室を出ようとしたら、俺の手に京子が捕まってきた。
うざいと思いながらも、そのまま京子を引きずるようにして調理室のドアの前に立った瞬間
さっきまで必死に掴んでた手を放して、俺の首に腕をまわしていきなりキスをした。
京子にいきなりキスされた俺は…
「何してんだふざけるなや」
京子「だって好きなんだもん」
俺は京子の告白にドン引き
しかも勢いをつけて、さらにキスをしてくる京子。
[編集] [記事更新]
[9] By TAKA
今度は俺の唇をこじ開けて中に、京子の舌が入ってきた。
俺の口の中を京子の舌が暴れまわる。
俺はとっさに身体をずらして、京子の顔にビンタした。
京子「痛いでも嬉しい」
俺「知らね〜よバカ」と言いながら唇を拭ってる姿を見て、京子は俺の手を引いて奥に…。
手を引かれて調理室の奥に行くと、京子はまたベッタリとくっついてきた。
京子は自分のペースに持ち込めたのが嬉しいのか、終始にこやかだった。
京子「学校だと人目につくから、夜、私の家に来ない」
と言った。
[編集] [記事更新]
[10] By TAKA
俺「何でいかなきゃいけないん」
京子「だって、イチャイチャしたいから」
俺「俺はイチャイチャしたくないし」
京子「TAKAの言うこと聞くから、遊びに来て何でもするから」
ちょうどその頃、知ってる人は少ないかもですが…
AV女優の桜木ルイの金閣寺2ってのが流行ってました
と言っても、当時は中学生なのでAVは自分で借りる事も出来なかったので、雑誌で見るか、先輩から借りたりするかしかありませんでした。
俺「じゃあ桜木ルイみたいにエロい女になってみてそしたら遊んであげる」
[編集] [記事更新]
[←前][次→]

戻る
C.A.S. クリック&アフィリエイトシステム
18|ロリ系娘とSEX!!
禁|限界裏情報サイト

アダルトグッズ[アナシー]


[掲示板ナビ]
☆無料で作成☆
[HP|ブログ|掲示板]
[簡単着せ替えHP]