投稿する
[*前] [次#]

By 柳瀬愁
09-20 00:53
んあ、これって本物の花入ってるんですかー?(出店で見つけた姫林檎のりんご飴を食べながら他の出店を眺めていればヨーヨー釣りの店を見つけ、なんとなく覗いてみれば綺麗な生花が入っていることに気づき。妹にあげたら喜ぶだろうかと考えてはお店の人に声をかけながら先にヨーヨー釣りをしている人の動きをなんとなく眺めて)
[編集]
By 叢雲 皓良
09-20 00:23
なんだっけ、ナントカ映えってやつ?ああ、元々花屋なのか。今度行くから店の場所、教えてくれよ。(愛想の良い笑顔を浮かべる女性店員に声を掛けられれば、薄く微笑みを浮かべ一回分するつもりで小銭を渡してからヨーヨー釣りのプールの前に屈み込み。店員にオススメの花を聞きながらどれに狙いを定めようかと水に浮かぶ色彩豊かな花々をマイペースに眺め)
[編集]
By 柳瀬愁
09-19 23:57
(パンダ柄のパーカーに黒のチノパン、前髪をひよこのヘアゴムで結い上げ揺らしながらリュックを背に縁日が行われている通りまでやってきて。並ぶ出店に主に食べ物系の店に興味惹かれどこに行こうかと辺りを見回しながら歩いて)んん…どれも美味しそう…>入室
[編集]
By 叢雲 皓良
09-19 23:47
(黒地に足元から真っ赤な彼岸花が一輪咲いた単衣着物に浮世絵の百鬼夜行が薄っすら浮かび上がる紅掛空色の角帯を締め、薄灰色の足袋に黒の草履を履いて。風呂に入ったためいつもの香水は身につけておらず裸眼で前髪は下ろしたまま、どうにも目が冴えたままだったため散歩兼祭りの冷やかしにとゆったりとした足取りで人気も疎らになった神社へ。お参りをする気はないため参道に並ぶ露店を横目で眺めていた中、プールに浮かぶのは水風船の代わりに透明の小袋に生花を入れたヨーヨー釣りで。色とりどりの生花が浮かぶ光景には目を引かれ思わず足を止めて)へえ…こういうの初めて見たわ。綺麗なもんだな。>入室
[編集]
By 佐江嶋 千歳
07-21 03:01
湿気凄いし梅雨は本当に苦手で…梅雨明けが待ち遠しいですね。梅雨明けしたら沢山出掛けます。今日から夏休みだし。(梅雨特有の雨が続き湿気が多いことに当人はうんざりといった様子が拭えず、夏休み故に梅雨明けを心待ちにしていることを伝えて、時刻が時刻だけに観客達が散って行く様子を横目で眺めながら誘いには嬉しいという気持ちが抑えられず深く頷いて)是非是非。折角の夏休みだし何処か都合が合う時に遊べたら嬉しいです。…あ、俺も寮です。寮まで一緒しましょう。(一人で見る筈だった花火も相手と一緒に見れたお陰で心に残る思い出へと変わり、何処か心和むような気持ちになって一人ほくそ笑み。帰宅について了承を受けたのならば花火セットを手に緩慢とした動作でベンチから腰を上げ、談笑しながら寮までの帰路を辿り)>退室

(/お手数おかけしますがお手隙な時に保護者通信をご確認頂けると幸いです。)
[編集]
By 平良 智
07-21 02:36
…ありがとうございます。窮屈な敬語…は、機会があれば。…いえいえ、ゆっくりしていきましょ。…ふ、千歳くんもなんだね。早くすっきり晴れてほしいよね。(とんでもないと緩く首を振っては微笑み浮かべ、季節に悩まされるとは思わなかったといったおじいさん口調にて共感して)…こちらこそ、ありがとうございました。素敵な、時間だったね。また遊びに出かけよう。俺も帰宅します。…あ、寮なんだけど…千歳くんは?(その場にいる人々がまるで親戚か友人かにでもなれたような一体感が生まれる状況になるなら胸内を温かくして。穏やかな人当たりのよい後輩のおかげで楽しい1日を過ごすことが出来たとも思えて感謝を紡ぎ。相手からの申し出にゆっくり立ち上がるなら、リュック背負い直して背をのんびり伸ばしては、楽しそうに歩きだし)>退室

[編集]
By 佐江嶋 千歳
07-21 01:44
いや、癖なら仕方ないですね。無理言いました。すみません。…いやぁ、俺は先輩とか年上には敬語になっちゃうんですよね。仲良くなればタメ口になるかもしれませんが…って窮屈な敬語って更に?あー…確かに梅雨の時期ですもんね。俺もコインランドリーに通いっぱなしです。てかバイトお疲れさまです(事情も知らずに無理強いしてしまったことに申し訳無さを感じて口からは謝罪が零れ、花火を仰ぎ見つつ冗談には今以上の敬語が己の中では予想出来ず軽く疑問符が浮かんで、梅雨の時期故に相手の言葉には頷くことで同調の意を示せば労いの言葉を送り。連続して下から打ち上がる耳を聾するような音、まさにフィニッシュともいえる彩色千輪の花火には感動して言葉も出ず、その後に優しく打ち上がる花火を最後まで眺めて、花火が終わると周りの観客も賛辞や拍手等で盛り上がりを見せて一段と賑やかな雰囲気に変わり、また相手の顔と距離が縮まると釣られるように歯を覗かせ笑って思ったままの率直な感想を弾んだ声で漏らして)…凄かったですね!マジ感動しました。花火誰かと見れて良かったです。平良先輩…一緒に花火見てくれてありがとうございます(周りの観客と同じように拍手する相手の様子に微笑ましそうに口許綻ばせ見ながらりんご飴をあっという間に食べて行き、棒のみとなったゴミを近くのゴミ入れに投げ入れると鞄のポケットからスマホを取り出して時刻を確認して)花火も終わったし、俺はそろそろ帰ろうかなと思うんですけど。先輩はどうしますか?
[編集]
[*前] [次#]
投稿する
P[ 2/46 ]
[戻る]


[掲示板ナビ]
☆無料で作成☆
[HP|ブログ|掲示板]
[簡単着せ替えHP]