この小説が気になる:22Pt

殺されかけて入ったのは、秘密結社でした
小説ページ

【作者】
二郎マコト
書き出し100文字orあらすじ紹介

中学時代からの女友達は、秘密結社の諜報員。

小説のジャンル:現代小説

作者のお気に入り紹介/読書遍歴

階段塔シリーズ(いなくなれ、群青)・古典部シリーズ(氷菓)

作者から読者さんへメッセージ

中学時代からの友達が秘密組織の諜報員だった。
この事実を知った時、天龍司の運命は大きく動き出す。
ひょんなことから秘密結社の支部に迷い込んで殺されかけるけど、何故かその組織に入った主人公が日々襲ってくるハードライフをなんとか生き抜き、頑張る話です。

秘密結社ものが書きたくて執筆を始めたものです
読んでいただけると幸いです。

この小説を読む

投稿日:2021年05月24日
【投稿した内容を編集する】
[小説探索セーブポイントへ戻る]


文系サイト限定リンクフリー
ホームページ等にどうぞ

――――――――≪END LINE≫―



[掲示板ナビ]
☆無料で作成☆
[HP|ブログ|掲示板]
[簡単着せ替えHP]