返信する

[1] 母との性活
By 息子
01-29 13:02
俺は都内の高校に通っている。父は数年前に病気で亡くなり、43歳になる母とふたりで父が残してくれた郊外の一戸建てに住んでいる。
母はどうみても30半ばにしか見えない。息子の俺から見ても美人だと思う。それに、おしとやかな雰囲気をただよわせている。
そんな母は10年以上前から生命保険の外交員をしているが、どちらかと言えば口数が少なく、押しが強いわけでもないので、営業に向いているとは思えないが、営業成績はいいようだ。
俺から見ても、むっちりと肉感的なエロい体つきをしているので、男性客が多いのだろう。その割には給料は少ないが、ふたりで生活する分には充分だ。
[編集] [遊戯室]
[2] By 息子
01-29 13:03
夏の暑い夜。
トイレに行くために1階に降りていくと、母が寝ている寝室から、
「うっうぅぅ…」
すすり泣くような声が聞こえてきた。静まり返った夜中に、その声は意外とはっきり聞き取れた。そっとドアのノブを回して扉を開けると、薄暗い部屋の中央にあるベッドの上で、母がもぞもぞと動いているようだった。
「あっ…はぁぁ…」
暗闇に目が慣れると、黄色のネグリジェをはだけた母の白く豊満な身体が浮かび上がっている。仰向けになり、脚は大きく広げられていた。
「う、うぅん…」
仰向けの状態でも、大きな胸だとはっきりとわかる。夏は、家ではTシャツを着ていることが多いが、母が歩くたびに胸の部分が揺れているのがわかる。俺が想像していたよりも大きいように思えた。
「はぁ、はぁ…」
その乳房を片手でわしづかみにして大きく揉みしだき、もう片方の手はパンティの中をまさぐっているようだった。
[編集] [遊戯室]
[3] By 息子
01-30 09:11
「あぁん、もっとぉ…」
言いながら指を大きく動かしている。そのうち片足から器用にパンティを抜き取ると、さらにだらしなく足を開いて、股間を自分の指で刺激している。
「あぁぁ、いい…すごくいいの…」
母の指の動きが激しくなり、
「いい、いい…あっあっあぁぁ…」
豊満な腰が大きく上下している。やがて、
「いっ、いっ、イクぅぅぅ…」
普段の母からは想像もできない悩ましい声とともに、母の腰が大きく突き上げられ、数回ベッドでバウンドした後、母はぐったりとなっていた。
「うっ、うぅぅ…」
母を見たときから、勃起したペニスを取り出してシゴいていた俺は、母がイクのと同時に、ドアに向かって勢いよく射精していた。
数分後、だるそうな身体を起こした母は、ベッドの下に手を入れて、そこから何かを取り出したようだった。
(バイブだ!)
ドス黒いそれは、本物よりずっと大きいようだった。
[編集] [遊戯室]
[4] By 息子
01-31 11:54
ウィーン…。
母がスイッチを入れると、低い機械音がしてクネクネと動いているのがよくわかった。母は左手に持つと、再びベッドに仰向けになり、右の乳房に押し当てた。
「はぁぁ…いい、いい…」
さきほどイッたばかりの母は、また身体をくねらせている。バイブは母の右手に持ち替えられ、股間のほうに移動していった。
「はぁ、きて…」
母は、それを股間に押し当てながら、せつなそうにあえいでいる。
バタン!
俺がドアを思いきり開けると大きな音がして、母の手が止まった。
(!)
母は驚きのあまり口をパクパクさせていたが、声は出ていなかった。俺がすばやく部屋に入り込むと、母は目を大きく開けているだけだった。
(?)
あぜんとしている母を尻目に俺はベッドに走り寄った。
[編集] [遊戯室]
[5] By 息子
02-01 08:23
「洋志、何するの?」
やっと母が声を出したが、その声は少し震えていた。
「これが欲しいんだろ? かあさん」
俺がベッドに転がっていたバイブを母の目の前に持っていくと、母は恥ずかしそうに両手で顔を覆った。そのスキにバイブを母の秘部に押し当てると、
ビクン!
母の腰が瞬間的に浮き上がった。
「やっぱりね」
俺が言うと、
「洋志、お願い。このまま出ていって」
母は小さな声で言ったが、俺にはそんなつもりはまったくなかった。つつましやかな母がオナニーで激しく悶えていたのと同じ姿を目の前で見てみたかった。
「あっあーーー」
母のぬかるみにバイブをゆっくり押し込むと、母は腰を浮かせてきた。バイブを引き抜くようにすると、母の腰がそれを追いかけてますますせりあがってくる。
[編集] [遊戯室]
[6] By 息子
02-03 08:35
「やっぱり欲しいんだね?」
俺が言うと、母は腰を左右に揺すってみせた。
ぐちゅぅぅぅ…。
バイブを奥まで突き入れると、あっさりと母の蜜壷に呑み込まれていった。
「あっ、いっいぃぃ…あぁぁ…」
母は、白く豊満な身体をゆっくりとくねらせている。むっちりと張った腰の動きが艶かしい。
ぐちゅぐちゅ…。
バイブを動かすと母の腰が浮き、バイブを離すまいとするように動き回っている。
「あっあっあっ、あああ…」
右手でバイブをゆっくり動かしながら、左手でたっぷりとした乳房を揉み込むと、母の口から耐え切れないような官能の声が漏れる。
[編集] [遊戯室]
[7] By 息子
02-04 08:35
「いっ、いっ、いいーーー」
バイブの動きを早くすると、母は何度も腰を突き上げ、歓喜の階段を頂上に向かって昇りつめていった。
「あっあっ、うっうっ、あああーーー」
母の腰が思いきり突き上げられ、そしてベッドに打ちつけられていた。それからしばらく、母の淡いピンクに染まった身体が、ビクビク震えていた。
俺のペニスはもうびんびんになっていた。
母のいやらしい身体の動き、感じているときの女らしい表情と声、イクときの苦しげな顔。それらが俺の股間を熱くしていた。
俺は抜け落ちたバイブを再び母に挿入し、己の勃起を母の口に押し込んだ。
「うっ、うぅぅ…」
母は腰の動きにあわせるように顔を振り、俺のモノを咥えている。
[編集] [遊戯室]
[8] By 息子
02-05 09:27
そうしながらも、微妙に舌を動かして、ペニスを刺激してくる。
「うぁぁ…気持ちいい…」
すぐに俺の絶頂が訪れ、
「で、出る!」
俺は、母の口にたっぷり射精した。もう少し我慢していれば、もっと気持ちよかっただろうが、自分ながら情けないくらいあっさりイッてしまった。
俺は母をうつ伏せにして、豊満なヒップを持ち上げた。
「うぅぅ…」
母の美しい顔はベッドに押しつけられ、豊かな乳房も押さえつけられる格好だ。
「はぅぅ…」
俺が泉の入り口に指を当てがうと、母の腰がビクッと震えた。指をクリトリスに移動させ、つまむように揉むと、暖かい泉が俺の指を濡らしていく。
「あん、あんん…」
ビクビクビク…。
あえぎ声とともに、腰が何度も小さく震えていた。
[編集] [遊戯室]
[9] By 息子
02-07 09:59
「あぁーん…」
両手を母の身体の下に差し入れて、乳房を揉み、堅くシコった乳首をいじった。ペニスは母の丸いヒップに当たっている。
「うっうっ…」
左手の人差し指を母の口に入れ、首筋からヒップにかけてゆっくりと舌を這わせた。しっとりと汗ばんだ肌は、少ししょっぱい感じだった。
「だ、だめっ…いっいいぃ…」
再び、指でクリトリスを刺激した。
「いっ、いっ、いぃー」
「かあさん、気持ちいいんだろ? おま○こ、気持ちいいんだろ?」
俺はグリグリと敏感な突起を責め続けた。
「いっいい…イキそう…あぅぅ…イッちゃう…」
ビクビクビクビク…。
大きく突き出された母のヒップが痙攣をはじめていた。
「あうっ?」
俺が指を離すと、ヒップが宙をさまよっている。
「ねえ? きて…」
「いいの? 息子のちんぽがほしいの?」
「…」
[編集] [遊戯室]
[10] By 息子
02-08 11:47
母が無言でヒップを振ったので、俺はペニスを蜜壷に押し当てた。
「あっあっあっ…だめ、だめ、だめよぉ…」
ペニスが吸い込まれるように入っていくと、母は腰を振りながら迎え入れてくれた。
「かあさん、気持ちいいよ。おま○こ、気持ちいいよ…」
母の中はぬるぬると暖かく、ペニスに肉襞が絡みついてくる。
「あっあっ、気持ちいい…洋志のちんぽ、気持ちいい…」
母もよだれを垂らして大きく喘ぎながら、ますますペニスを締め付けてくる。
「かあさん、かあさん…気持ちいい…」
「私も、私も…すごくいいわ…」
俺は母のヒップをわしづかみにして、腰を振り続けた。射精したいのを我慢しながら、母の肉襞をえぐり続けていた。
「洋志、いっ、いぃ。イクイク…イッちゃうーーー」
「かあさん。俺ももうだめだ…」
ビクビクビクビク…。
ドクドクドクドク…。
[編集] [遊戯室]
スレアクセス:5862
[←前][次→]

戻る
C.A.S. クリック&アフィリエイトシステム
18|本当にいいの?
禁|処女に中出し!

アダルトグッズ[アナシー]


[掲示板ナビ]
☆無料で作成☆
[HP|ブログ|掲示板]
[簡単着せ替えHP]